notes

13

 

 

 

 

 麻布にあるbrownie and tea roomで開催されていた絵の展覧会へ行きました。

このことを書くのが展覧会後になってしまったことを後悔するくらい、

興味のあるひとには見に行って欲しかった素晴らしい展覧会でした。

 

 

 

 

2人が描いた絵を、2人のお母さんたちが、本にまとめました。

それをみたbrownie and tea roomの小梅さんが企画した絵の展覧会。

そしてFOODREMEDIESの優しいお菓子も加わった、夢のような、本当にあった6日間。

 

 

 

 

 

 

 

太郎君は健常児の5歳、直太朗君はダウン症の5歳。

いや、太郎君は太郎君。直太朗君は直太朗君なんだけれど、ふたりのすこしの違いなのでそう紹介させてもらいます。

 

ふたりは、素敵な可愛い絵を描きます。

そのふたりのお母さんは、お互いにやさしく2人を見守っています。

2人の子の間で、多くの言葉を交わすことはないけれど、その代わりの「特別ななにか」がありました。

そんな4人の目と、手と、心に触れることができました。

 

直太朗君のお母さんとは、ながいおつきあいです。お花が大好きで、美しいものを愛し、よく笑い、よく泣くひとです。

直太朗君がダウン症と知った日から、わたしなりに考えて、答えはないけれど、そばにいる関係です。

ダウン症の子たちが集まる素敵なアトリエのエレマンプレザンも、なにか素敵な場所はないかと思い、辿り着いた場所です。

素敵な場所や人に出会った時の、溢れるわくわく感。エレマンプレザンの絵を見た時に湧いてきた、あの高揚感。

 

そして、エレマンプレザンとの出会いから、また違うきっかけで見つけた素敵な女性、melekさん。

偶然、いやきっと必然だといまは確信していますが、melekさんはエレマンプレザンと深い関わりがありました。

そして彼女自身はベリーダンサーです。森と妖精のダンス教室をやっていて、娘にダンスを教えてくれています。

melekさんは私たち親子にとっても、小さなころからのとても大切な存在です。

つい先日も、melekさんと、焼き菓子屋さんひとひとてさんで共催した、エレマンプレザン主宰の佐久間さんを招いてのトークショーを、

直太朗君のお母さんと一緒に聞きにいきました。

たくさんの学びと、生きていくうえで大切にしたい智慧を与えてくれる素敵なお話会でした。

 

直太朗君が運んできてくれた素敵なご縁で、本当に多くの人、ことから学ばせてもらっています。

 

 

そして、この展覧会は、来た人が本当にあたたかくなるような出来事が奇跡のようにたくさん起きたようです。

もちろん、わたしにも奇跡がおきましたよ。

帰り際、直太朗君がほっぺにキスをしてくれました。そして、直太朗君のお母さんとわたしの手をとって、ぽんとタッチさせてくれました。

 

ながくつきあってきたつもりでいたけれど、やっと出会えたような瞬間でもありました。

 

もっと直観で、のびのびと。

そんなにむつかしく考えなくっていいんだよ、すきなことやってみようよ!

 

そう言われたようで、その瞬間、わたしのこころにずっとある膨らんだり縮んだりを繰り返す風船が、

軽い音をたてて、ぽんと割れた気がします。(ずっと前からかわいがっていたけど、手のかかるその風船のようなものから手を放したかった!)

 

今!っていうその瞬間をめいっぱい抱きしめたい、

わたしの目の前にいる娘も、家族も友達も、そして自分のことを。

 

愛しいことも、かなしいことも。

 

 

 

 

またいつか、ふたりの絵を見る機会があったら、紹介したいと思います。

その場所での新しい出会いがいまから楽しみです。

 

 

 

 

 

 

娘が展覧会のあとに描いた絵です。

5歳の二人に影響をうけたのか、娘が小さなころに描いていた色合いが戻りました。

展覧会では、絵を描くスペースがあって、その時の娘の絵は違うタッチでした。

子どもの頭の柔らかさ、影響されてからの素直さって、すごいと思いました。

 

ありがとうね、TARO AND NAOTARO

 

 

 

ふがっとはじめたサイトも、

気がついたら最後の更新から、一ヶ月たってしまいました。(こりゃだめだ。。)

 

 

2月は、デトックス月間でもありました。

予定が多く、それをこなすのに精一杯。そうするとすこしずつ狂ったリズムが、

止まった瞬間、どっと押し寄せてきます。

 

すこしずつずれているので、ぶつかったときは結構な衝撃となってくるので、

ちからを抜きながら過ごさなければなのですが、そんなときほど、身体も心もカチコチです。

 

 

 

2月もおわりますが、学びも多かったので、すこしずつ振り返って更新できればとおもいます。

 

 

 

ME AND MEはピンクの本をつくります。

little meの方は、毎日学校へいっているため、勝手に動き回るわたし。

 

ピンク、はっきりいってわたしお洋服では全く着ません。

アースカラー、またはモノトーンが多いです。

 

そんな私が、取り憑かれた様にピンクと言い出したのってなんでか、自分でもまだよくわかりません。

 

娘が3才くらいからか、ピンクピンクブームがありました。

お洋服は絶対ピンクがいい!

それまで、リバティやツィード、チェックやモノトーン、ピンクとは無縁のお洋服を着せていたのですが、

この受け身だったお洋服事情が、青天の霹靂、青じゃないピンク!

自我ビッグバン。

 

最初は、「え〜〜こっちの色もかわいいよ〜、ほら、あのプリンセスも青とか着てるでしょ〜」とか、

敏腕営業マンよろしく、他の色を提案していましたが、

ふと

「自分のしたいことができないって、いやだな。。。

それを阻む人は、敵、、、、いやだ、そりゃ好きな色きたいよね。。。」

となり、彼女の投げかけるピンク攻撃、すべて受け止めてみることにしました。

そうなると、頭から爪先まで全身ピンクの日もあり、

そこにフリル、キラキラ、リボンが付け加わり、

プリンセス攻撃!となり、こちらももう楽しくなってしまい、

プリンセスのドレスを着たまま、商店街でひとりハロウィンみたいな日もありました。

 

でも、急に終わってしまったんですよね。。。ピンクの乱。

その後、水色になり、なんといまはモノトーン大好き。

その残されたピンクの余韻。

きっと、出産して、ピンクの攻撃にあっていなかったら、

もうあまり気にしていなかったことだったのかもしれません。

でもだからこそ、この内から湧き出る、ピンクへのこだわりを解明したいのです。

 

そんなこんなで、

毎年作ってもらっているgashimaとのコラボニット第三弾のテーマカラーは

ピンクです。

 

彼女のアトリエへ、打ち合わせへ。

新入りのアシスタントキャット、ずんだとともに色見本を見ながら、打ち合わせ。

Tシャツの様にきれるシンプルで着心地の良いニットなので、形も定番で毎年色だけ変えています。

去年は赤でした。今年は、形もニューバージョンも含めて3種類を予定しています。

またこちらでもおしらせしたいとおもいます。

 

 

帰りの電車でのピンク。

この駅、思い出深くて、小学3年生まで育った場所です。

 

 

 

 

 

娘と私のダンスの先生でもあるmelekさんから、すてきな催しのおしらせをもらいました。

 

ダウン症の人の絵のアトリエがあります。

エレマンプレザンといいます。

大好きなお友達の子供がダウン症なのをきっかけに、

いきいきと過ごせる素敵な場所はないかと調べていたときに知りました。

melekさんと出会って、そのアトリエでお手伝いをしているときいたときは、運命を感じたほどです。

その後、アトリエの皆さんが書いた絵がハンカチーフになって発売されたときは、急いで全種類買いににいきました。

色の爆発。エネルギーに溢れた、素晴らしい色の洪水に、感動しました。

その色の集まり、力強さ。愛。

 

その後、お友達の子は、絵に目覚め、自宅でたくさんの色を生み出しています。

こちらの心が元気になるような、そんな素敵な絵です。

発する人と、受け取る人のこころがふれあうこと。

万人に受け入れられなくても、わたしはそれを美しいと思います。

 

その子が、自分の個性を愛して、まわりのみんなも自分を愛して、それぞれを認め合う、

違う所があってあたりまえ。

わたしにとって自然に生きるって、そういうことかなと思います。

娘が一日の大半を過ごす場所には、そういった空気を今はあまり感じることができません。

そのことで、たびたび頭を抱えてしまいますが、家や違う場所で彼女がいきいきとしていれば、

それはそれでいいじゃない!と思う様になりました。

 

社会とは、家庭とは。

生きて行く上で、自分らしさが分断されることも、もちろんあります。

ただ、その分断されたこころを、癒す場所を持つことの大切さ。

疲れた心と体を建て直して,また朝を迎えられるよう。

melekさんのダンスの教室も私たちにとっては、家、ホームです。

 

焼き菓子やさんひとひとてで開催されるこのトークショーが今からとても楽しみです。

今回は予約人数に達したため、キャンセル待ちとなっている様ですが、

また次回も計画しているということです。

 

素敵な場所がたくさんありますね。

わたしも、どんどん出かけて、出会いを楽しみたいと思います。

 

shima

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリストの伊東朋恵さんとわたしのユニットeek

http://eek-eek.tumblr.com/

 

2011年にNO.12ギャラリーさんで初めて個展をしました。

その後、brownie and tea roomさん、greenpoint books and thingsさんでも展示をさせて頂きました。

 

 

 

eekはコースターをつくるユニットです。

コースターです。あの、飲み物のしたにひくものです。

世界でも珍しいコースターのブランドなのでは。。(調べたことはありませんが。。。)

何年かに一度、わっしょい!と活動しています。

 

今年は、やるぞ!と、こつこつと真面目につくってくれている朋惠さんと、

今日は1回目の撮影でした。

 

新作のコースターもかわいいです。

今年のテーマもきまり、動きはじめました。

 

 

 

 

 

プロのスタイリスト、プロのカメラマンの素晴らしい仕事ぶりの横で、

わたしは絵の具で文字をかいたり、かわいいしろねこさんを見たり。

ぼーっとしたり。。。

 

またたまに活動報告をしたいとおもっています。

 

伊東朋惠のお仕事ページもとてもかわいいので、是非ご覧下さい。

https://tomoeito.tumblr.com/

 

Think Pink

女の子は本当にピンクが好きなのか/堀越英美

ピンクとわたしたちのかくもややこしい関係

村上龍さんの「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」からの抜粋。

まっとうなピンク。

 

この3ヶ月程、赤にはじまり、ピンクがきになってしかたなくなりました。

理由はよくわからなかったけれど、そのピンクへの興味の答えを少しずつ答え合わせしている日々。

岡崎京子さんのPINKを購入して再読したことにはじまり、ピンクの服も急にほしくなり、

頭の中ピンクです。

年末に古書店でかったピンクの本、今年はピンクの本をつくる!と漠然と掲げた目標(目標というか衝動)

まっとうなピンク探しは続きます。

 

 

STORY OF 1000 WORDSは、大好きな人に書いてもらったお手紙のような連載です。

尊敬する友人、ライターの小宮山さくらさんへ依頼しました。

 

【STORY 】sakura komiyama

 

彼女の書く文章の、誠実さ、優しさ、強さに惹かれます。

言葉と人は繋がっていると思います。

 

今回、お題もなく、本当にむちゃぶり!というような依頼を快く引き受けてくれました。

そして、送ってくれた文章を読んで、とても感動しました。

いま母として生きる人へもですが、かつて子供だった皆へのお手紙だと思いました。

共感する部分もあれば、しない部分があっていいと思います。

違和感を感じたりもあるかもしれません。

受け取り方はひとそれぞれです。

共感する部分は、じんわり心に伝えてほしいです。

反感する部分は、自分と向き合うきっかけになればと思います。

 

 

私も同じ様におもう部分がたくさんあって、

今回さくらさんが言葉として伝えてくれて本当にうれしかったです。

子供が産まれてから、ずっと悩みばっかりで、解決してもまた悩み、また悩み。

プロフィールに趣味を書く欄があったら、「悩むこと」って書いてしまうくらい、

つまずきの多い日々でした。

 

その度に、過去の自分をぶん殴りたい気持ちになったり、反省してきたり、恥ずかしくて消し去りたかったりしました。

でも、今の自分が過去の悩みを乗り越えたからこそ、間違いや失敗に気がつくわけで、

今の自分の成長を褒めてあげれたらと思います。(だれも褒めてくれないからね)

過去の自分をぶん殴るんじゃなくて、よく頑張ったねといってあげられたら、

今抱えている悩みも、未来の自分が認めてくれると思うだけで、すこし楽になるのではないでしょうか。

STORY OF 1000 WORDSで、ちょっとだけでも気持ちがほわっとリラックスできたらうれしいです。

 

お時間のあるときに読んで頂けたらと思います。

そして、名前の部分は、どうぞご自由に置き換えてみてください。

 

 





4年生で転校した初日のこと。
全校生徒の前で転校生は名前を呼ばれる。
(普通は自分のクラスでするよね?黒板に名前を書いて、どこからきました、みたいな)
なぜあのとき、体育館の壇上にたっていたのか、未だに不思議。
何人か転校してきた子たちと全校集会であいさつしている記憶がかすかに残っている。
もともとあがり症だったのもあるし、全校生徒数百名(4クラスあったはずなので、少なくとも700名くらいはいたはず)
の前に立つことは、恐怖以外のなにものでもなかった。

わたしの名前は桂というため、その当時、桂→桂三枝→新婚さん→いらっしゃ〜〜〜い。である。
わたしの名前が呼ばれた瞬間、男子生徒の声で「いらっしゃ〜〜〜〜い」といわれたのは、夢だったのだろうか。
でも、たしかに聞こえたその無邪気な声は、いまだになんとなく頭の中に残っている。
もういまのこの年になると、そんな無邪気さやユーモアは大歓迎だけど、
まだ9才の私は、自分の姓と、なぜか桂三枝を恨んだもの。
名字によっては経験のある人も多いと思うけれど、名前はとにかくいじられる。
桂なんて、歴代のあだ名には悲しいものもたくさんある。
(あたまにかぶるカツラからはじまり、桂三枝から小五郎、
意味もなくかつらっきょうからのらっきょうというのもあった)

その「いらっしゃ〜〜〜〜い」がまだ頭の中に残りながらも、
体育館の隅々を見渡しながら、
「そうか、ここがおじいちゃんが死んだ場所か。。」と冷静な気持ちでいた。


なんで小学校の体育館、というのも、祖父は趣味で卓球を愛好しており、いつもこの体育館で卓球をしていた。
わたしが2才頃の出来事だけれど、いつものように卓球をしていたら、心筋梗塞で(ここはとても曖昧で)
そのまま帰らぬ人になったそう。
9才になり、まさかその小学校に転校してくるとは夢にもおもっていなかったけれど、
なんとなくただいまという気持ちもすこしあった。
子供時代なんて、自由なようで全く自由なんかないと思う。
親の都合でしか住む場所を選べないし、自分で決められることなんてたかがしれている。
ご飯を残したら怒られたし、着る洋服だって自分で買う訳でもない。
すべてが親の元、その分責任も親へいくのだけど。
心はあんなに自由でエネルギーに溢れているから、
やっぱりだれかに拘束されていないと、大変なことになってしまうんだろうと、いま親になって思う。
ここにくるはずじゃなかったけど、でも来てしまった。そんなことなんてよくあること。

その体育館で、体育の授業をし、集会があり、卒業式をした。
東京から引っ越してきて、あたらしい学校へきてとても心細かった。
まず話し方が違った。
学校生活を頼る相手が家にも学校にもいないのが一人っ子。
一生懸命、みんなとおなじ話し方を真似した。
教室の場所を憶えて、クラスメイトの顔と名前を憶えた。
思い出に頼れない人間関係と場所で過ごすことって、大人だって不安だ。
いつも体育館へいくとちょっと安心した気持ちになった。
おじいちゃんはいないけど、おじいちゃんがここにいたってことがそういう気持ちにさせてくれたのかもしれない。

そんな体育館の思い出とともに、ひとついまも忘れられないことがある。
おばあちゃんがいうに、おじいちゃんは亡くなる日鼻が曲がっていた。と言うのだ。

はじめてきいた日から今日まで、なんども思い出してしまう。
ピノキオは嘘をついたら鼻がのびるっていう話は聞いたことがあるけど、鼻が曲がる???

鼻が曲がる、歪む。
なんでだろう。気のせいだったのか。
朝、鏡の前にたつとき、必ず鼻の歪みを気にしてしまう。
もう癖といってもいいくらいだ。
よし、きょうも鼻はまっすぐだ。死なない。と家を出る。

そんな鼻が曲がる問題が、自分なりに腑に落ちる答えを最近得たのである!
それは、体はまっすぐ立っているようで螺旋を描いている(スパイラル)
それは、実際に体全体が円を描いてまわっているのではなく、
細胞とかそういうレベルで螺旋を描いているのでは。。。。ということで。
木もまっすぐのびているけれど、年輪も螺旋を描いている。
立っている。まっすぐいるということは、螺旋なんだ。
なので、その螺旋が止まってしまう(体)、変わらず地球と時間は進んでいるまわっている(時空)ので、
鼻が曲がるのでは。

鼻が曲がる疑問から、30年たった今の考えである。
根拠もないので、ただの感覚に過ぎないけれど。

よし、きょうも鼻はまっすぐだ。死なない。と家を出る。




shima



大人になるってことは、つまりは、子どもの自分をちゃんと抱えながら、大人を生きるってことです。

 

 

自分の人生は自分のもの、限られた自由な時間しかなくても、そこは自由に動きたい。

 

おとなになるってどんなこと?/吉本ばなな

 

 

 

もうすぐ40才!
新たな気持ちで習い事をはじめました。
憧れの、カリグラフィー。
カリグラフィーは西洋書道といわれていて、アルファベットを学びます。
まだ初めたばかりで、基礎中の基礎、ファンデーショナル体をカリグラフィー用のつけペンで練習しています。

はじめたばかりだけど、楽しい!
まず体験レッスンにいった日は、雨の日で、雨音とともに静かな気持ちで文字や線を書いていると、心がすーーーーっと落ち着きました。
LEARNのコーナーでは、カリグラフィーのことを書いていきたいとおもいます。

写経のようで、カリグラフィーはセラピー効果もあるのでは!とおもっています。
そして、道具も、ペンとインクと紙があればすぐにはじめられる。
しかし、奥の深い、カリグラフィー道。

まだLEARNの更新準備中ですが、すこしずつ、学んだことを公開出来ればと思います。

今朝の影絵

すてきなミーティング 今日は1日好きな友人に会いに行く日。

とまらないおしゃべり。

コーヒーショップでぼーっとおしゃべりしていたら、向いのパン屋に友達が入って行く所を捕獲。

偶然会えるのはうれしい。

 

 

【movie】 幸せなひとりぼっち



今日買った本は

森茉莉 
「わたしの中のアリスの世界」
日本図書センター発行

吉本ばなな
おとなになるってどんなこと?

稲葉俊郎
ひとのこころとからだ
いのちを呼びさますもの

仕事文脈 11号

ポパイ 2月号

部屋とシティーボーイ
POPEYEの部屋特集はやっぱりたのしくて買ってしまう。
「巷ではモノを持たない暮らしってのが流行っているようだけど、
各国の部屋を訪ねて思ったのは、好きなものは増えていくし、
それを自分らしく部屋のなかでまとめあげていくのは、
やっぱりたのしい作業だよねってこと。ほら、こんなふうにさ。」
年末に漫画やレコードをたくさん買ったので、うんうんと頷いてしまった。いいね。

仕事文脈はタバブックスさんが発行するリトルプレス。
特集は、もしもし、体
戊井昭人さんの名前を見つけて即購入

まっかな装丁がきれいで手にした、
ひとのこころとからだ
いのちを呼びさますもの
帯の「生きていることの不思議を知る」
医療の枠を越えて、生命を語る東大病院医師、
稲葉俊郎が描き出す
あたらしい人間讃歌
とある。帯で買うこと多々あり。

吉本ばななさんの
おとなになるってどんなこと?

タイトルから、答えがしりたくなって、電車移動用に。

森茉莉さんのエッセイ集
やはり帯の本文抜粋が魅力的で。
「皮膚にふれる水(またはお風呂の湯)をよろこび、下着やタオルを楽しみ、
朝おきて窗をあけると、なにがうれしいのかわからないがうれしい。
歌いたくなる。」
この部分。きゅんとしました。

リニューアルした下北沢B&Bで購入。
いい本に出会える本屋さんです。


shima




おひさしぶりです。
shimaです。
tote , A LITTLE KNOTが幕をおろしてから、この春で1年がたちます。
気がつけば2018年。
去年の年末くらいから、いろいろなことがばばばーーっと変化して、今日ここにいます。
悩みすぎるのは元来の癖ですが、この悩みすぎることを手放すこと。
(書いていても、イマイチつかめないのですが。。。)

いまの自分にできることを、あらたな名前 ME AND MEとしてやっていきます。
ME AND MEは、娘がつけてくれた名前です。

だれでもない、ただの自分を大切にできるように、日々学んで、たのしんでいこうとおもいます。
その中で出会った、すてきなひとや、ものたちを、ゆっくりとですが、ここでご紹介できればとおもっています。
どうぞよろしくお願いします。

ME AND ME
shima