【STORY 】sakura komiyama

STORY OF 1000 WORDSは、大好きな人に書いてもらったお手紙のような連載です。

尊敬する友人、ライターの小宮山さくらさんへ依頼しました。

 

【STORY 】sakura komiyama

 

彼女の書く文章の、誠実さ、優しさ、強さに惹かれます。

言葉と人は繋がっていると思います。

 

今回、お題もなく、本当にむちゃぶり!というような依頼を快く引き受けてくれました。

そして、送ってくれた文章を読んで、とても感動しました。

いま母として生きる人へもですが、かつて子供だった皆へのお手紙だと思いました。

共感する部分もあれば、しない部分があっていいと思います。

違和感を感じたりもあるかもしれません。

受け取り方はひとそれぞれです。

共感する部分は、じんわり心に伝えてほしいです。

反感する部分は、自分と向き合うきっかけになればと思います。

 

 

私も同じ様におもう部分がたくさんあって、

今回さくらさんが言葉として伝えてくれて本当にうれしかったです。

子供が産まれてから、ずっと悩みばっかりで、解決してもまた悩み、また悩み。

プロフィールに趣味を書く欄があったら、「悩むこと」って書いてしまうくらい、

つまずきの多い日々でした。

 

その度に、過去の自分をぶん殴りたい気持ちになったり、反省してきたり、恥ずかしくて消し去りたかったりしました。

でも、今の自分が過去の悩みを乗り越えたからこそ、間違いや失敗に気がつくわけで、

今の自分の成長を褒めてあげれたらと思います。(だれも褒めてくれないからね)

過去の自分をぶん殴るんじゃなくて、よく頑張ったねといってあげられたら、

今抱えている悩みも、未来の自分が認めてくれると思うだけで、すこし楽になるのではないでしょうか。

STORY OF 1000 WORDSで、ちょっとだけでも気持ちがほわっとリラックスできたらうれしいです。

 

お時間のあるときに読んで頂けたらと思います。

そして、名前の部分は、どうぞご自由に置き換えてみてください。