【ME AND ME meeting】

 

ME AND MEはピンクの本をつくります。

little meの方は、毎日学校へいっているため、勝手に動き回るわたし。

 

ピンク、はっきりいってわたしお洋服では全く着ません。

アースカラー、またはモノトーンが多いです。

 

そんな私が、取り憑かれた様にピンクと言い出したのってなんでか、自分でもまだよくわかりません。

 

娘が3才くらいからか、ピンクピンクブームがありました。

お洋服は絶対ピンクがいい!

それまで、リバティやツィード、チェックやモノトーン、ピンクとは無縁のお洋服を着せていたのですが、

この受け身だったお洋服事情が、青天の霹靂、青じゃないピンク!

自我ビッグバン。

 

最初は、「え〜〜こっちの色もかわいいよ〜、ほら、あのプリンセスも青とか着てるでしょ〜」とか、

敏腕営業マンよろしく、他の色を提案していましたが、

ふと

「自分のしたいことができないって、いやだな。。。

それを阻む人は、敵、、、、いやだ、そりゃ好きな色きたいよね。。。」

となり、彼女の投げかけるピンク攻撃、すべて受け止めてみることにしました。

そうなると、頭から爪先まで全身ピンクの日もあり、

そこにフリル、キラキラ、リボンが付け加わり、

プリンセス攻撃!となり、こちらももう楽しくなってしまい、

プリンセスのドレスを着たまま、商店街でひとりハロウィンみたいな日もありました。

 

でも、急に終わってしまったんですよね。。。ピンクの乱。

その後、水色になり、なんといまはモノトーン大好き。

その残されたピンクの余韻。

きっと、出産して、ピンクの攻撃にあっていなかったら、

もうあまり気にしていなかったことだったのかもしれません。

でもだからこそ、この内から湧き出る、ピンクへのこだわりを解明したいのです。

 

そんなこんなで、

毎年作ってもらっているgashimaとのコラボニット第三弾のテーマカラーは

ピンクです。

 

彼女のアトリエへ、打ち合わせへ。

新入りのアシスタントキャット、ずんだとともに色見本を見ながら、打ち合わせ。

Tシャツの様にきれるシンプルで着心地の良いニットなので、形も定番で毎年色だけ変えています。

去年は赤でした。今年は、形もニューバージョンも含めて3種類を予定しています。

またこちらでもおしらせしたいとおもいます。

 

 

帰りの電車でのピンク。

この駅、思い出深くて、小学3年生まで育った場所です。